/

この記事は会員限定です

自治体がブロックチェーン活用 地域通貨・個人認証など

[有料会員限定]

ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の中核技術として知られ、複数のコンピューターで同じデータを共有して安全に管理するブロックチェーン(分散型台帳)技術――。改ざんが事実上不可能で、障害にも強いという特性に着目し、「デジタル地域通貨」「個人認証基盤」「災害対策」「公文書管理」「インターネット投票」「食品のトレーサビリティー(生産・流通履歴)」などの分野で実証実験を行う自治体が増えている。国も未来社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン