日銀 次の一手を聞く 白井氏「利下げは最後の手段」
愛宕氏「長期金利の低下容認」

2019/9/4 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

元日銀審議委員 白井さゆり氏(慶大教授)

日銀が追加緩和するかどうかは外国為替相場次第で、日銀の金融政策は結局、米国の金融政策から大きく乖離(かいり)することはできない。1ドル=102~103円程度まで円高が進んだら、日銀の危機感は大きくなるのではないか。

追加緩和の手段としてはまず長期金利の引き下げがある。国債の購入を増やして需給面から金利を下げることができる。私は以前から長期金利の誘導目標の範…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]