高島屋、「癒やし」ロボット販売 新宿店 売り場も倍に

2019/9/4 12:39
保存
共有
印刷
その他

高島屋は4日、新宿店(東京・渋谷)の家庭用ロボットの専門売り場を従来の約2倍に広げた。新たにスタートアップのGROOVE X(東京・中央)が開発したペット型ロボット「LOVOT(ラボット)」の販売も始めた。近年はロボットを家事や作業の効率化だけでなく、「癒やし」に活用する傾向が強まっており、売り場拡充で新たな需要を掘り起こす。

高島屋はペット型のロボットを売り出した(東京・渋谷)

GROOVE Xはラボットを扱う店を初めて出店した。ラボットの頭部分にはカメラを取り付けており、人間やロボット同士で生き物のように振る舞うという。好きな人を覚えると、抱っこをねだるほか、スマホのアプリなどと連携して「飼い主」が近くに来たことを認識し、玄関まで出迎える機能もある。

開発費は数十億円。高機能のセンサーを内蔵し、電源ボタンを押すだけで稼働する。価格は1体29万9800円(税別)で、月額料金は8980円から。

高島屋は新たな商材としてロボット販売に力を入れる。今後は大阪店(大阪市)やジェイアール名古屋高島屋(名古屋市)などでもラボットを順次取り扱う。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]