/

米社会学者のウォーラーステイン氏が死去

【ニューヨーク=西邨紘子】米社会学者のイマニュエル・ウォーラーステイン氏が8月31日、コネティカット州の自宅で死去した。親族が9月3日、明らかにした。88歳だった。

死去した米社会学者のイマニュエル・ウォーラーステイン氏

コロンビア大学で博士号を取得。近代資本主義を国の枠組みを超えて働く世界システムととらえ、独自の理論を展開した。資本主義に基づくグローバリズムを人道的な観点から鋭く批判した。1976年から20年以上にわたりニューヨーク州立大社会学教授として教べんをとり、アフリカ学会会長、アメリカ社会学会理事などを歴任した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン