英高速鉄道HS2、開業5年延期も 事業継続に暗雲

2019/9/4 1:44
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=篠崎健太】シャップス英運輸相は3日、英国の南北を結ぶ高速鉄道「HS2」について、営業開始の時期が現行計画の2026年から2~5年遅れるとの見通しを議会に説明した。総事業費は想定より3兆円規模で膨らむ見通しだという。英政府は独立委員会を設けて計画の妥当性を検証中で、事業内容の大幅な見直しにつながる可能性がある。

「HS2」は2026年の部分開業をめざしてきた(計画反対派の立て看板)=ロイター

HS2は総延長約530キロメートルを、最高時速360キロで結ぶ事業だ。首都ロンドンと中部バーミンガム間の第1期の開業は26年を見込み、既に工事が始まっている。日立製作所がカナダのボンバルディアと共同で車両の大量受注をめざしている。

シャップス氏はHS2のアラン・クック会長からの報告を踏まえ、最新情勢を説明した。クック氏は営業開始の時期について「26年は非現実的」とし、28~31年への延期を政府に提言した。事業費は第2期までの総額で810億~880億ポンド(約10兆4000億~11兆3000億円)と、計画(現在の物価換算で624億ポンド)から最大約260億ポンド膨らむとした。

英政府は8月下旬、建設費が大幅に膨らむ見通しになったことを受け、費用対効果などの検証に乗り出すと発表した。独立委員会が今秋にも提出する最終報告書を踏まえ、事業継続の是非を判断することにしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]