日銀 次の一手を聞く 木内氏「期限付き利下げも」
門間氏「銀行収益の配慮策併用」

2019/9/3 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中の貿易戦争の激化が世界経済に影を落としている。トランプ米大統領は米連邦準備理事会(FRB)に露骨に利下げを求め、金融市場では円高や長期金利の低下が進む。日銀はどう対応するのか。次の一手を日銀元幹部に聞いた。

元日銀審議委員 木内登英氏(野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト

あらゆる追加の金融緩和策は副作用が効果を上回るので反対だが、予想を言えば日銀が年内に追加緩和する可能性は5割だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]