/

この記事は会員限定です

台風孤立から1年 関空災害対応、訪日客もケア

[有料会員限定]

昨年9月の台風21号で関西国際空港は高潮による浸水や連絡橋の破損で一時孤立し、多くのインバウンド(訪日外国人)が取り残された。被害を教訓に、運営会社はハード面だけでなく多言語での情報発信や訓練に力を入れるが、今後も想定を上回る事態が起きる可能性もある。孤立から4日で1年。「言葉の壁」などで災害弱者となる外国人をどう支援するか、自治体も対応を急いでいる。(玉岡宏隆、島田直哉)

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン