南ア3.1%成長、4~6月 失業率高止まりで暴動も

2019/9/3 20:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【イスタンブール=木寺もも子】南アフリカ政府統計局が3日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率で3.1%増とプラスに転じたものの、本格的な景気浮揚は遠い。50%を超える若年失業率に国民の不満は高まっており対策は急務だが、汚職や無駄のはびこった前政権下で傷んだ構造改革の実行は容易でない。

成長率は前期比でプラスを記録したが、主因は前期の反動だ。1~3月は火力発電所の不具合や燃料不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]