/

この記事は会員限定です

活躍の場掘り起こせ、広島県の地域通訳案内士

ウエーブ広島

[有料会員限定]

インバウンド(訪日外国人)を有償で案内する「地域通訳案内士」が広島県に誕生して半年あまりが経過した。増え続けるインバウンドに対応するため、法改正に基づいて県は昨年から研修や育成に力を入れている。一方、第1期生の活躍はまだ道半ばの状態だ。ガイド案件の発掘や、マッチングの体制整備が急務となっている。

8月下旬、2期生となる地域通訳案内士の現場研修が平和記念公園と宮島で開かれた。国家資格を持つ全国通訳案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン