都心に新型シェア農園 サブスク化で「農」が身近に

コラム(ビジネス)
2019/9/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・恵比寿のオフィスビルに、スタートアップ企業PLANTIO(プランティオ、東京・渋谷)が運営する斬新なシェア農園「SUSTINA PARK EBISU PRIME」がオープンした。個人ごとに区画が分けられた従来のレンタル菜園とは異なり、会員が共同で管理する。センサーや人工知能(AI)を駆使したハイテク農園だ。

■センサーと栽培用AIでモニタリング

訪れてみると、さまざまなテクノロジーが盛り込ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]