/

この記事は会員限定です

都心に新型シェア農園 サブスク化で「農」が身近に

[有料会員限定]
日経クロストレンド

東京・恵比寿のオフィスビルに、スタートアップ企業PLANTIO(プランティオ、東京・渋谷)が運営する斬新なシェア農園「SUSTINA PARK EBISU PRIME」がオープンした。個人ごとに区画が分けられた従来のレンタル菜園とは異なり、会員が共同で管理する。センサーや人工知能(AI)を駆使したハイテク農園だ。

センサーと栽培用AIでモニタリング

訪れてみると、さまざまなテクノロジーが盛り込まれている点に驚いた。まず入り口にはスマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン