小松マテーレ、池田社長が9月30日付で辞任 後任は未定

2019/9/3 18:58
保存
共有
印刷
その他

染色加工を手掛ける小松マテーレは3日、池田哲夫社長が30日付で辞任すると発表した。取締役からも同日付で退く。後任の新社長は未定で、決まり次第公表する。

3日に開かれた取締役会で池田社長が辞任届を提出し、承認された。辞任理由については池田社長から「一身上の都合で辞任する」との説明があった。後任の新社長は決まっておらず、同社は「決まり次第、速やかに公表する」としている。

池田社長は1981年に小松精練(現小松マテーレ)に入社。営業畑が長く、営業本部長補佐などを経験し、2011年に社長に就任した。炭素繊維複合材料などの新分野や欧州の高級ブランド向け生地などに注力した。19年3月期の連結売上高は前の期比1%増の390億円だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]