ホルムズ対応、官房長官「外交努力が基本」 イランは反対伝達

2019/9/3 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、中東のホルムズ海峡の安全確保に向けた自衛隊派遣の可能性を聞かれ「外交努力を継続することを基本に据えて考える」と述べた。当面、外交を通じて米国とイランが対立する中東の緊張緩和をめざす考えを示した。

日本政府は米国が提唱する海洋安全保障イニシアチブへの参加の是非をめぐり9月下旬の国連総会の際に予定する米国やイランとの首脳会談の成果も踏まえ判断する。8月下旬の国家安全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]