政府、中国と地方創生で連携 ビッグデータを活用

2019/9/3 18:00
保存
共有
印刷
その他

片山さつき地方創生相は3日の閣議後の記者会見で、日中両政府が地方創生に関する覚書を締結したと明らかにした。業務推進検討会議を新設し、ビッグデータや人工知能(AI)を活用した街づくり「スーパーシティ」の推進に向け協議する。

片山氏と何立峰国家発展改革委員会主任が署名した。原則として1年に1回持ち回りで会議を開き、課題などを共有する。片山氏は「日本中の地方の宝を中国に売っていきたい。お互いにウィンウィンの関係で進んでいきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]