焼きたてのパン 藤崎彩織

エッセー
2019/9/10 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

朝、パンの匂いが寝室まで届いてきた。電気屋のポイントが溜(た)まりに溜まり、好きなものをと悩んで買ったホームベーカリーが、初作品である食パンを焼き上げたのだ。

蓋を開けると更に香ばしい匂いが立ち込めた。焼きたての食パンを取り出して、まな板に置く。できたては柔らかすぎるので、すぐに切ってはいけない。

焼きたてのパンの美味(おい)しさを知ったのは18歳の頃だった。酷(ひど)い不眠症に悩んでいた私は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]