米起業支援大手と連携 三洋化成、新規事業創出で

2019/9/3 17:47
保存
共有
印刷
その他

三洋化成工業は3日、米起業支援大手のプラグ・アンド・プレイ(PnP)とパートナーシップ契約を締結したと発表した。エネルギーやバイオメディカルなどの分野の新規事業を創出するのが狙い。PnPのネットワークを活用し、新素材の開発技術を持つスタートアップ企業との連携を目指す。

スタートアップ企業との連携を目指す三洋化成

3年契約で、状況を見て更新を検討する。紙やプラスチック、金属、ガラス、化学薬品などの開発技術を持つスタートアップとの仲介をPnPに依頼する。三洋化成が注力する全樹脂電池や再生医療などに生かせる技術を見いだし、新規事業創出につなげる考えだ。

PnPは7月、京都市内に東京に次ぐ2つめの拠点を設けており、京都企業と連携したイノベーション創出を後押ししている。

三洋化成は2020年10月に日本触媒と経営統合する。両社ともおむつ原料の大手だが、新規参入が相次ぎ収益性が悪化しており、新たな収益源の創出を急いでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]