湖池屋 「和」の本格食材をポテチに 国産素材使用

2019/9/3 17:25
保存
共有
印刷
その他

湖池屋は国産のジャガイモを100%使ったこだわりのポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO」から、伊勢エビなど本格食材を使った3種を発売した。伊勢エビや玉露、日高昆布など食材はいずれも日本の名産品を採用。日本ならではの食材のうまみを楽しんでもらう。

湖池屋が発売した「KOIKEYA PRIDE POTATO」3種。(左から「伊勢海老と甘えび」「玉露と抹茶塩」「日高昆布と柚子」)

「伊勢海老(えび)と甘えび」「玉露と抹茶塩」「日高昆布と柚子(ゆず)」の3つの味を2日に発売した。「伊勢海老と甘えび」は三重県産の伊勢エビを使った香ばしい味わい。「玉露と抹茶塩」は愛知県産の抹茶と福岡県産の八女茶を使い茶葉の豊かな風味を引き出した。「日高昆布と柚子」は日高産昆布のうまみに高知県産ユズが香るさわやかな味わいにした。

価格はオープンで参考小売価格は税別150円。2日から全国のコンビニエンスストアで販売しており、9日からスーパーマーケットなどに販路を広げる。

「KOIKEYA PRIDE POTATO」はこれまで、ジャガイモのうまみを引き立てる「無添加シリーズ」3種を販売してきた。いろいろな味を楽しめる「本格食材シリーズ」をラインアップに加えてブランドを強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]