東北のタクシー運賃、5県で初乗り10円上げ

北海道・東北
2019/9/3 17:24
保存
共有
印刷
その他

東北運輸局は、10月1日からの消費増税に伴う東北6県のタクシー運賃の改定を公示した。青森、岩手、宮城、山形、福島の5県は小型車や普通車は初乗り運賃が10円引き上げられる。秋田だけは初乗りの運賃を据え置きだが、初乗りで走れる距離を短くする。加算料は全県で据え置く一方、メーターが上がる距離は短くなる。

タクシーが供給過剰として「特定地域」に指定されている仙台市は、初乗り1.5キロメートルが670円から680円となる。加算料金は80円ごとに据え置くが、加算される距離は285メートルから279メートルに4メートル短くなる。

秋田市は初乗り運賃を600円に据え置くものの、メーターが上がる距離は1.2キロメートルから1.178キロメートルに短くなる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]