/

JERA、バングラデシュで火力事業に参画

東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERA(東京・中央)は3日、バングラデシュでガス火力発電事業に参画すると発表した。インドの発電会社リライアンス・パワーの現地子会社に49%出資する。ガス火力発電所を共同で新設し2022年の稼働を目指す。日本企業がバングラデシュで発電事業を手がけるのは初めて。経済成長で電力需要が伸びており、収益性があると判断した。

バングラデシュのダッカ近郊に出力75万キロワットのガス火力発電をつくる。同国では大型で、投資額は明らかにしていない。稼働から22年間にわたり全量を国に売電する長期契約を結んでおり、安定した収益が見込める。日本は少子化で電力需要が伸びないため、海外事業の拡大を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン