/

この記事は会員限定です

財務相・官房長官の安定が鍵 歴代長期政権を分析

11日に内閣改造 麻生・菅氏留任へ

[有料会員限定]

安倍晋三首相は3日、内閣改造・自民党役員人事を11日に実施すると表明した。2012年12月の第2次内閣の発足時から政権を支える麻生太郎副総理・財務相、菅義偉官房長官は留任する見通しだ。歴代の長期政権を分析すると、官房長官と財務相は在任期間が長い。2つのポストの安定が長期政権の秘訣であることがうかがえる。

首相は3日の党役員会で「安定と挑戦の強力な布陣を敷きたい」と表明した。これまで「継続性や安定性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン