2019年9月23日(月)

住宅ローン金利、長期固定で0.6%台も 変動型と拮抗
金利急低下、家計に波及

経済
金融機関
2019/9/6 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅ローン金利でこれまでになかった現象が起きている。住宅ローンの金利は、金利上昇リスクを抱える変動型が最も低く、固定期間が長くなるほど高くなるのが常識だ。しかし、9月に入り全期間固定型と変動型の金利が実質的にほぼ同じになっている。8月の金利急低下の余波が、家計に影響の大きい住宅ローンにも押し寄せている。

【関連記事】
・住宅ローン金利低下、変動型0.4%台の攻防
・住宅ローン金利、全期間固定型が1%切…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。