/

この記事は会員限定です

住宅ローン金利、長期固定で0.6%台も 変動型と拮抗

金利急低下、家計に波及

[有料会員限定]

住宅ローン金利でこれまでになかった現象が起きている。住宅ローンの金利は、金利上昇リスクを抱える変動型が最も低く、固定期間が長くなるほど高くなるのが常識だ。しかし、9月に入り全期間固定型と変動型の金利が実質的にほぼ同じになっている。8月の金利急低下の余波が、家計に影響の大きい住宅ローンにも押し寄せている。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1819文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン