時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,477,372億円
  • 東証2部 73,063億円
  • ジャスダック 95,523億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.06倍15.78倍
株式益回り6.63%6.33%
配当利回り1.90% 1.90%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,416.76 +113.44
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,400 +60

[PR]

スクランブル

フォローする

最後の頼りは実物資産 「FAANG」から「BAANG」へ
証券部 長谷川雄大

2019/9/3 16:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

混沌とした世の中で最後に頼りになるのは、金(ゴールド)や不動産などの実物資産。それが正しいかどうかはともかく、長引く米中対立や世界の金融緩和競争に嫌気が差した投資家が動き出した。世界経済の先行き不透明感から企業収益の伸びに期待しづらく、国債金利低下で債券の利回りも追求しづらい。株式市場では実物資産を多く保有する銘柄が注目を集める。

「資産運用の発想を転換し、従来よりも積極的に実物資産を持たないと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム