自主性培う学びの場必要 東京シューレ・奥地圭子氏
子どもを守る・地域から(3)

2019/9/4 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最近、不登校の子どもが再び増加傾向にある。子どもが学びの場に戻るために必要な工夫とは何か。都内でフリースクール「東京シューレ」(東京・北)を手がける奥地圭子理事長に聞いた。

――ここ数年、小中学生の不登校が増えています。

「いじめや学校内のトラブルも相変わらずある。だが、それよりも顕著なのは、子どもに合わない学校へ無理をさせて通う必要はないという感覚の親が増えてきていることだ。以前は何とか学校に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]