独自チップで脳を解明へ、マスク氏新会社に高まる期待
ニューラリンクの実力(下)

スタートアップ
ネット・IT
エレクトロニクス
ヘルスケア
コラム(テクノロジー)
AI
モバイル・5G
科学&新技術
2019/10/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
米起業家のイーロン・マスク氏が2017年に創設した人間の脳とコンピューターをつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)」のスタートアップである米ニューラリンクは、神経細胞活動をセンシングするためのチップを独自に開発した。神経科学者としてBMIの研究を手掛けた経験を持つハコスコ代表取締役の藤井直敬氏に、その技術的な特徴を解説してもらった。(日経 xTECH編集部)
【前回記事】ロボットが脳に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]