都市に木造建築の時代は来るか
点照

谷 隆徳
2019/9/4 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ちょうど60年前の1959年9月に日本列島を襲った伊勢湾台風。その直後、日本建築学会は災害に弱い地域での木造建築の禁止を決議する。個人住宅を除いて街から木造の建築物が次々と消え、その後、半世紀にわたって木造は冷遇される。

転機は2010年ごろだ。公共施設で木材利用を促す法律が施行され、CLTと呼ばれる木目を直交するように重ねた新建材が本格的に普及し始めたためだ。林業振興につながり、地球環境にも優…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]