日本オラクルに新CEO、ドイツ法人から着任

BP速報
2019/9/3 12:27
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

日本オラクルは2日、新たな最高経営責任者(CEO)としてケネス・ヨハンセン氏が就任したと発表した。ヨハンセン氏はデータベース(DB)をはじめとしたミドルウエア事業を中心に統括する。前CEOで社長も兼務していたフランク・オーバーマイヤー氏は引き続き日本オラクルの社長を務め、経営全体の指揮に当たるという。

日本オラクルCEOに就任したケネス・ヨハンセン氏(画像提供:日本オラクル)

日本オラクルCEOに就任したケネス・ヨハンセン氏(画像提供:日本オラクル)

ヨハンセン氏はデンマーク出身の47歳で、米オラクルのドイツ法人のカントリー・リーダーを務めていた。オラクルに入社する以前は、スウェーデンのエリクソンや米CAテクノロジーズ、米BEAシステムズなどで勤務していた。今回のヨハンセン氏の就任は、「日本以外にオーストラリアやニュージーランドを統括するオーバーマイヤー氏をサポートするため」(広報担当者)という。

日本オラクルの経営陣はオーバーマイヤー氏やヨハンセン氏、アプリケーション事業のトップである専務執行役員のピーター・フライシュマン氏など、オラクルの欧州法人から着任するケースが増えている。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 島田優子)

[日経 xTECH 2019年9月2日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]