スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

世界柔道、個人の金「4」 海外勢との差縮まる

Tokyo2020
2019/9/2 21:45
保存
共有
印刷
その他

1日に終了した柔道の世界選手権で日本が個人戦で獲得した金メダルは4個(男子2、女子2)だった。昨年の金7(男子2、女子5)からすればさみしい結果だが、数字だけに一喜一憂しては本質を見誤る。内容も加味すれば、追う側、追われる側ともに世界との差が縮まった印象だ。

男子100キロ超級の原沢は準決勝で昨季の世界王者を下して銀を獲得した=共同

男子100キロ超級の原沢は準決勝で昨季の世界王者を下して銀を獲得した=共同

女子は海外勢の底上げに苦しんだ。世界女王の座を明け渡した女子57キロ級の芳田司(コマツ)は、カナダの出口クリスタ(日本生命)との決勝もさることながら、ポーランド選手との準々決勝も危なかった。

通常と逆向きに担ぎ上げる通称「韓国背負い」の使い手は世界ランク26位の無名。女子ではめったに見られぬこの技で一度は技ありを奪われた。団体戦で一本負けしたフランス選手は典型的なパワー型。世界19位ながら個人戦では出口から唯一ポイントを奪い、大物食いの雰囲気も。未知の新鋭が現れ、勢力図を塗り替えつつある。

伏兵に敗れ3連覇を逃した女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)だが、その相手は決勝進出。年明けには「何年も強い選手が変わらない。へましないことだけ考えればいい」と余裕の発言もしていた男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)も準々決勝で土がついた。五輪モードで海外勢も目の色が変わり、昨年までのようにはいかない。

一方、追う側には光明も見えた。過去3戦すべて完敗したビロディド(ウクライナ)を追い詰めた女子48キロ級の渡名喜風南(パーク24)。アグベニェヌ(フランス)と死闘を演じた63キロ級の田代未来(コマツ)の戦いにも増地克之女子監督は「次は勝つ」と力強い。

男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)も強敵を連破し、準決勝は昨年王者を破っての銀。昨年銅から一歩前進でも価値はそれ以上だ。男子81キロ級以上の4階級は銀2、銅1。17年大会は個人戦の代表派遣も見送られた90キロ級で向翔一郎(ALSOK)が銀と躍進した。どの階級も毎年上位が入れ替わる混戦に食らいつき、一時の不振を脱した観はある。

リオデジャネイロ五輪前年の世界選手権覇者のうち、翌年も頂点に立ったのは大野将平(旭化成)ら4人だけ。今大会も大野ほどの力の違いを見せつけた階級も見当たらなければ、五輪優勝は絶望といった階級もない。強化次第で金が10個以上にも、極端に言えばゼロにも振れかねない。そう肝に銘じて最後の1年、ラストスパートをかけたい。(西堀卓司)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
中国戦の2試合目に敗れしゃがみ込む張本

 中国の若きエース樊振東に、勝負どころで強さを見せつけられた。第2試合の第1ゲーム。張本は7―8から、台上でわずかに浮かせたボールを強打されるなど3連続でポイントを失った。

 3ゲーム先取の団体戦で特に …続き (11/9)

体操の世界選手権で日本男子は2大会連続の金メダルゼロに終わった=共同共同

 五輪競技の今年の世界選手権がおおむね終了した。来年の東京大会で実施される種目・階級のメダル数を集計したところ、日本勢が今年の世界選手権で獲得した金メダルは15個。お家芸としてきた伝統競技でやや苦戦が …続き (11/7)

バレーボール女子W杯でスパイクを決める朱婷=APAP

 バレーボール女子で五輪2連覇を目指す中国の絶対エースだ。9月に日本で行われたワールドカップ(W杯)でチームを全勝優勝に導いた。MVPとベストアタッカー賞を獲得した朱婷(しゅてい)は「とてもうまくいっ …続き (11/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]