中国、「モノ」にもサブスク 洋服・化粧品・花まで
宅配網やAIが支え

2019/9/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】米国など世界で広がるサブスクリプション(定額制、サブスク)サービスが中国で独自の進化を遂げ、勢いを見せている。一般的な音楽や映画など「ソフト」の月決めサービスの普及にとどまらず、洋服の1カ月の借り放題など「モノ」の提供にまで広がりをみせる。背景には世界最大の通販サイトで培われた中国全土をカバーする宅配網があり、得意の無人化技術や人工知能(AI)技術も普及を後押ししている。

上海市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]