設備投資、世界でブレーキ 米中摩擦で身構え

2019/9/2 23:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中摩擦の長期化懸念を背景とした世界経済の先行き不透明感から、世界の製造業が設備投資にブレーキをかけ始めた。財務省が2日発表した4~6月期の法人企業統計では、製造業の設備投資が前年同期比6.9%減となり、2年ぶりのマイナスに落ち込んだ。製造業の能力増強や生産性向上につながる省力化投資が滞れば、将来の成長力にも影響しかねない。

【関連記事】製造業の設備投資、2年ぶり前年割れ 4~6月6.9%減

4~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]