/

この記事は会員限定です

「東京銘柄」埋没は訴える 京都企業を超えろ

本社コメンテーター 梶原誠

[有料会員限定]

米中貿易戦争で株式市場が荒れた8月は、日本企業が外国からの強い逆風にどこまで耐えられるかを試す「ストレステスト」の1カ月ともいえた。

その結果を珍しい視点で分析しよう。本社の所在地別に株価を点検すると、興味深い事実が浮かび上がる。「東京銘柄」の値動きが、「地方銘柄」に劣るのだ。

8月、東京銘柄の時価総額は3.5%減少したのに対し、地方銘柄は3.1%減にとどまった。偶然ではない。3年前と比べると、東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

梶原 誠

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン