/

この記事は会員限定です

復調の函館市電、利用者は観光客が3割

[有料会員限定]

函館市電は、東西に長い北海道函館市の中心市街地を結ぶ街のシンボルだ。2018年度は約543万9100人が利用した。運営する市企業局は、交通系ICカードや1日券の利用状況、運転士の実感などから「利用者は地元の方が7割、外国人を含む旅行者が3割程度ではないか」(交通部)と分析している。

市企業局が保有する車両は37両。明治時代のレトロ車両を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」、8月の函館港まつりで旅客を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン