/

この記事は会員限定です

韓国政治、深まる分断 文氏側近の疑惑で保革が攻防

[有料会員限定]

【ソウル=島谷英明】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法相候補に選んだ側近のスキャンダル噴出で、同国政治の分断が深まっている。閣僚への起用に文氏支持の革新層は96%が賛成するが、逆に保守系の不支持層は98%が反対している。文大統領は今のところ人事を撤回せずに任命を強行する構えだが、今後の政権運営に影を落とすのは必至だ。

「周囲に厳しくできなかったことは深く反省しており、申し訳なく思う」。文氏の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン