ナイガイ、不適切会計の疑い

2019/9/2 18:06
保存
共有
印刷
その他

靴下メーカーのナイガイは2日、子会社のセンティーレワン(大阪市)で不適切会計の疑いがあると発表した。8月中旬に、ナイガイグループの内部通報制度への通報を受けて疑いが浮上した。13日に予定していた2019年2~7月期の決算開示は延期する方針だ。

センティーレワンが手掛けるかばんの通信販売事業において複数期にわたる不適切な商品在庫の計上があった可能性があるという。ナイガイは既に社内調査委員会を立ち上げて調査を開始。不適切な会計処理が認められた場合、決算を修正したうえで再発防止策をまとめる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]