千葉銀が41%で首位、千葉県内企業メインバンク調査

2019/9/2 18:04
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチ千葉支店がまとめた千葉県内企業のメインバンク調査で、千葉銀行が2万1374社で全体の41.4%を占め、首位となった。京葉銀行が7025社で13.6%、千葉興業銀行が4478社で8.6%と続き、県内の地方銀行3行が上位を占めた。

県内に本社を置く5万1575社を対象に3月末時点のメインバンクを調べた。4位は三菱UFJ銀行だったが、5位は千葉信用金庫だった。上位10位のうち6金融機関は県内に本店がある金融機関。同支店は「県内企業の地元志向の強さに、地銀や信金がしっかり対応して信頼関係を築いている」と分析する。

1都6県に新潟県、山梨県を加えた関東圏に本社を置く企業のメインバンクでも、3メガバンクに続き千葉銀が4位にランクインし、地銀首位となった。京葉銀も15位に入った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]