ペイペイ、公共料金の支払いに対応

2019/9/2 18:03
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ傘下のPayPay(ペイペイ、東京・千代田)は2日、スマートフォン決済のアプリから電気やガスといった公共料金の支払いをできるようにしたと発表した。公共料金の請求書に記載されているバーコードを撮って決済できる。コンビニエンスストアなどの店舗に行かずに支払える利便性を訴求する。

同日から東京ガスや東京電力、中国電力九州電力などの支払いに対応した。30日には現在「ヤフーマネー」で支払うことができる約300の自治体の水道料金などの公共料金にも対応する予定だ。10月以降には北海道ガスなどにも対応する計画だという。

利用者には支払額の0.5%を還元する。還元額は1回あたり2500円、1カ月あたり3万円を上限とする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]