東京都、都内アンテナショップと連携 物産展など

2019/9/3 21:22
保存
共有
印刷
その他

東京都は都内のアンテナショップと連携して地域の魅力を発信する事業を始めた。アンテナショップで取り扱う特産品を販売する物産展を開催する。東京をはじめとした地域の魅力を訴え、観光客を増やす狙いだ。

都が作成したアンテナショップの案内書(イメージ)

都内には約80店舗のアンテナショップがある。都は物産展を11~16日、KITTE丸の内(東京・千代田)で開催する。都道府県ごとにブースを設置し、特産品の販売や観光場所を宣伝する。各地域のゆるキャラを招くことも検討している。最終日には20日から開催するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会をPRするブースも設ける。

アンテナショップの案内書は8月から配布している。ショップの基本情報のほか、料理研究家のおすすめ商品やその使い方などを紹介する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]