あおり運転、狭まる包囲網 法改正も視野

2019/9/2 17:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

危険なあおり運転に対する包囲網が狭まってきた。警察は悪質なケースで道路交通法より重い刑法の積極適用を進め、1年半で47件を刑法で立件した。さらに「あおり運転罪」の新設も含め道交法の罰則を強化する検討を急ぐ。ドライブレコーダーの利用が急速に広がるなど、危険行為を見張る"目"も増えている。

「極めて悪質な行為で、あらゆる刑罰を適用した厳正な取り締まりを推進している」。山本順三国家公安委員長は8月末の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]