臨時国会、10月4日召集へ 日米貿易協定の承認めざす

2019/9/3 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は臨時国会を10月4日に召集する方向で調整に入った。会期は12月上旬まで約2カ月とする見通しだ。政府は日米首脳が基本合意した貿易交渉の協定案の提出を目指す。天皇陛下の即位を国内外に宣言する10月22日の「即位礼正殿の儀」と関連行事の間、国会審議は事実上の休戦となる見込みだ。窮屈な日程で協定の承認が得られるかが焦点となる。

安倍晋三首相は2日、首相官邸で開いた政府・与党連絡会議で「内外の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]