中小M&A、適正価値で 野口真人氏
プルータス・コンサルティング社長

2019/9/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業の事業承継において後継者不足が深刻な社会問題となっている。解決策として、M&A(合併・買収)による会社売却が急増している。

大企業の場合は、投資銀行などの専門アドバイザーがそれぞれ売り手と買い手について価格の交渉を担い、株主への説明責任として第三者評価機関が会社の公正価値を評価する。結果として、適正な取引価格が形成されるシステムになっている。

一方、中小企業の場合は勝手が違う。大手のアド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]