/

この記事は会員限定です

東アジア文化 支援へ財団 前三越伊勢丹社長ら

[有料会員限定]

新国立競技場を手掛ける建築家の隈研吾氏や前三越伊勢丹ホールディングス社長の大西洋氏ら企業人や著名人が私財を投じ、東アジアの文化活動支援に乗り出す。寺田倉庫の中野善寿前社長が立ち上げた財団法人に、隈氏や大西氏らが参画。2020年東京五輪・パラリンピックを機に国内外のアート活動や人材交流を資金やノウハウ提供で支える。

隈氏や大西氏が評議員となり中野氏が代表理事を務める一般財団法人「東方文化支援財団」は、8月末までに登記を完了し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り510文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン