/

千日手指し直し局は矢倉に 将棋王座戦第1局

将棋王座戦第1局の千日手指し直し局で初手を指す斎藤王座。右は挑戦者の永瀬叡王(2日午後、神奈川県秦野市の陣屋)

斎藤慎太郎王座(26)に永瀬拓矢叡王(26)が挑む第67期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負第1局の千日手指し直し局が2日午後、神奈川県秦野市の陣屋で始まった。千日手局の残り時間である斎藤王座2時間29分、永瀬叡王2時間14分が、それぞれの持ち時間となる。

定刻の午前9時に永瀬叡王の先手で始まった将棋は「角換わり相早繰り銀」に進み、午後3時8分に62手までで千日手が成立。指し直し局は、規定によりその30分後に始まった。先手で矢倉を目指す斎藤王座に対し、永瀬叡王は急戦含みの駒組みを進めている。

千日手 将棋で対局者双方の指し手が循環し局面が進まない状態のことで、日本将棋連盟の規定では同一局面が4度現れた時点で千日手、無勝負となる。王座戦対局規定では、対局者または立会人が千日手が成立したことを宣言し、原則として30分の休憩の後に先後を入れ替えて指し直す。

対局の模様は「将棋王座戦中継サイト」でライブ中継しています。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン