/

この記事は会員限定です

栃木の企業、メンマ国産化に挑む 最大手とタッグ

[有料会員限定]

ラーメンに欠かせないメンマの原料となる乾燥タケノコが、ほぼすべて輸入に頼っているのをご存じだろうか。原料となる竹が国内で育たないためだが、食材にこだわるラーメン店の間では国産メンマの待望論が根強い。竹林観光を手がけるワカヤマファーム(宇都宮市)はメンマ最大手と組み、国内で育つ孟宗竹(モウソウチク)でメンマの生産に挑んでいる。

「タケノコも乾かすと10分の1以下の重さになるんですよ」。ワカヤマファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン