石破氏、ポスト安倍へ「しっかり準備」

2019/9/2 16:30 (2019/9/2 18:25更新)
保存
共有
印刷
その他

自民党の石破派は2日までの2日間、神奈川県小田原市で研修会を開いた。石破茂会長は記者団に次期総裁選への意欲を問われ「何のために政権を担うのかという準備をしっかりとしなければならない」と強調し、改めて「ポスト安倍」に意欲を示した。

石破氏は「前回総裁選から1年がたって、外交・安全保障の状況が考えられないほど変わった」との認識を示した。「常に政策を錬磨し、支持を増やす努力はこれから先もしていきたい。自民党がきちんと強くなることが極めて大事だ」とも述べた。

石破氏はこれまで総裁選に計3回立候補している。2008年が初めてで、12年には地方票の獲得票数で1位となったが、決選投票で安倍晋三首相に逆転された。15年は立候補を見送り、18年には安倍首相の対抗馬として立候補したが敗れた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]