2019年9月21日(土)

相鉄とJR東日本、直通線車両が新宿駅に初乗り入れ

サービス・食品
2019/9/2 15:23
保存
共有
印刷
その他

相鉄ホールディングス傘下の相模鉄道の鉄道車両が2日、東京都内のJR新宿駅に初めて乗り入れた。同日昼、乗り入れの様子を報道陣に公開した。相鉄とJR東日本は11月30日から「相鉄・JR直通線」の運行を始める。横浜市西部や神奈川県央部からの東京都心へのアクセス向上が見込まれる。

相鉄線「12000系」はJR線との直通運転用に開発した新車両だ

相互直通運転には「12000系」と呼ぶ新型車両を使う。横浜市旭区の二俣川駅から新宿駅までの所要時間は最も早い列車で44分と、従来より15分程度短くなる。

相鉄の関根雅人・車両課長は報道陣に「ここからがスタート。気持ちを新たに取り組んでいく」と話した。両社は引き続き乗務員の訓練や車両の安全確認を進める。

相鉄にとってはJRとの直通運転で沿線のブランドを高め、地域の活性化につなげる狙いがある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。