/

この記事は会員限定です

静岡銀、多様な働き方認める 「大企業病」打破狙う

[有料会員限定]

静岡銀行が多様な働き方を認め始めた。8月から服装を原則自由化したほか、秋にはフレックスタイム制や在宅勤務制度の対象を全従業員に広げる。複数の部署で働く社内兼業のほか、一部の副業も認める。長引く低金利や異業種の参入など経営環境の大きな変化に、内向きで画一的な組織では対応できないとの危機感がある。抜本的な改革を打ち出し、従業員に意識改革を迫る。

「規則でガチガチに縛られている現状は窮屈なのか。むしろ思考停止で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン