均等法第1世代の憧れ バレリーナ吉田都が引退公演
名作を磨き上げ、上品で深い表現を広く日本人に

カバーストーリー
アートレビュー
2019/9/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国ロイヤル・バレエ団などで活躍したバレリーナの吉田都が引退した。アクロバティックなバレエが流行した時代に、名作をより磨き上げるような深い表現で評価を高め、男女雇用機会均等法第1世代の憧れともなった。「NHKバレエの饗宴特別企画『Last Dance』」(8月7、8日、東京・新国立劇場)と題された引退公演から、彼女が求めたバレエについて考える。

8月8日、引退公演最終日のカーテンコール。共演者か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]