「反ナチス」を忘れたドイツ 地方選で極右躍進
欧州総局編集委員 赤川省吾

赤川 省吾
2019/9/2 9:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1日のドイツ東部の地方選で極右「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進した。浮き彫りになるのは「反ナチス」を国是としてきたドイツに排他思想が深く浸透したという実態だ。背景には旧東独地域で進む過疎化とそこに巣くう時代錯誤のナショナリズムがある。ドイツ再統一の副作用といえる。

【関連記事】ドイツ州議会選、極右政党が躍進 第1党に迫る

投開票されたのは旧東独2州の州議会選。AfDはザクセン州で得票率を2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]