航空機・船、電気を動力に 環境規制やESGに対応
エアバス、ハイブリッド機実験 商船三井系、小型タンカー開発へ

2019/9/1 22:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

航空機や船舶の電動化に向けた動きが世界で進む。欧州エアバスは電気モーターを併用するハイブリッド旅客機の試験運航を目指し、商船三井グループなどは2021年に電動の小型タンカーを就航する。自動車と同様、空や海も二酸化炭素(CO2)削減の流れと無縁ではない。環境対策に熱心な企業を評価する「ESG投資」も広がり、各社は対応を迫られている。

「Flygskam(フライトの恥)」。スウェーデンで新語の一つに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]