NTT、定型業務の自動化ソフト 従量制に
中小企業も使いやすく

2019/9/2 1:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTグループは今月から、出張精算などの業務を自動化するソフトの販売で、利用ごとに課金する従量制を導入した。これまで年間の契約が必要だったが、年末の繁忙期だけの利用などが可能になり、中小企業も使いやすくした。2019年度末までにソフトの導入社数を前年度末に比べ6割増の5千社に増やす。

数値入力など定型作業を自動化するソフト「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」で従量制を取り入れた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]