自衛隊の情報伝達、ICTで迅速に 20年度以降に防衛省

2019/9/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛省は陸海空の自衛隊へのICT(情報通信技術)導入を進める。海自の艦艇同士や陸自部隊間での情報伝達を迅速にするため、タブレット端末などに一斉に情報を伝えられるようにする。機密保護の技術が向上したため、現場の隊員への速報性や利便性を重視した。2020年度以降の実用化を目指す。

護衛艦などの大型艦艇には数百人規模の乗組員が乗艦する。現在は船を動かしたり作戦を実行したりするためのネットワークや、現場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]