南海特急ラピート、別編成の台車でも6cmの亀裂

2019/9/1 13:15
保存
共有
印刷
その他

特急ラピート6編成のうち、これまで亀裂が見つかった2編成とは別の編成で約6センチの亀裂が見つかったほか、亀裂の疑いがある約2センチの傷もあった

特急ラピート6編成のうち、これまで亀裂が見つかった2編成とは別の編成で約6センチの亀裂が見つかったほか、亀裂の疑いがある約2センチの傷もあった

南海電鉄の特急「ラピート」の台車で亀裂が見つかった問題で、同社は1日、これまで見つかった2編成とは別の編成の台車で、新たに約6センチの亀裂と、亀裂の疑いがある約2センチの傷が見つかったと発表した。補修を行い、安全を確認したうえで運転を続けているという。

【関連記事】ラピート亀裂台車生産の日本製鉄、鉄道各社と調査検討

ラピートを巡っては、8月24日に台車で長さ約14センチの亀裂が発見され、運輸安全委員会から事故につながりかねない重大インシデントと認定された。同社はこれを受け、ラピートの全6編成で緊急点検を実施。微細な傷を調べる「磁粉探傷検査」を31日までに行った。

約14センチの亀裂が発見された台車と同じ編成で約6センチ、別編成で約7センチの亀裂が既に見つかっており、24日以降に3編成の5カ所で亀裂や傷が確認されたことになる。いずれもモーターを支える溶接部分だった。残り3編成は異常がないことが確認されたという。

同社は今回の緊急点検で発見された亀裂について「安全性には問題ない」と説明。発生原因についてメーカーと調査を進めるとしている。

同社によると、23日夕、大阪・難波から関西空港へ走行中のラピートの車両(6両編成)の連結部分から異音がしているのを車掌が確認。回送先の車庫で点検したところ、2号車の台車で24日未明に長さ約14センチの亀裂が見つかった。同社は「台車の亀裂と車掌が音を聞いた場所が違う」などとして異音と亀裂の因果関係を否定している。

【関連記事】
南海の台車亀裂 異音報告も「支障ない」と運行継続
南海特急の台車亀裂、安全委「脱線可能性あった」
南海、通勤電車でも亀裂 最大30センチ「力が集中」
ラピート台車亀裂 南海の成長戦略に影響懸念
台車亀裂、大阪メトロも確認 インシデントには該当せず
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]